バタバタ

  • 2018.05.09 Wednesday
  • 17:43

 

 

 

今日もお弁当2個

なぜかいつにも増してバタバタ

 

 

昼用にはお赤飯

鶏肉団子と椎茸、蓮根の煮物

 

 

春菊の和え物、卵焼き、ゴボウの煮物

純和風です

夜用は照り焼きと野菜の入ったピタパン

 

きょうはなぁに?

 

あれ?

 

匂わないよ

 

コタちんには

 

あ!

 

 

ピタパンの方が魅力的だそうです

 

 

おっさんのお弁当を仕上げた後は

ホームに持参する母のお弁当づくり

 

中身はほぼ一緒

 

 

小さなわっぱ弁当にお赤飯

細長いタッパーはおかず数種類

 

 

これはボクちんの分ですね

 

 

珍しくカーヤまで見に来て取られないかと内心焦るコタ

 

生憎の雨模様だけど、

母の日に行かれないから

せめてもと自作のお弁当を持参し

途中でブラウスやTシャツを購入

 

 

昨年『Mだろうね〜』と思って購入したブラウスが

 

着て貰ったらまさかのパッツンパッツン

 

 

あ〜やっちまった!

 

 

今年は仕切り直してゆったりのLサイズを探す

花柄が(大ぶりの)好きな母の為に

モダンな花柄のブラウス、ゆったりのL

小花だけど色使いが洒落ているTシャツLLを購入

 

ホーム到着後に早速着て貰ったらゆったりと心地よい感じ

 

 

お弁当はサロンで頂く

お赤飯が大好きなので、嬉しそうに食べる

おかずのあれこれも

 

『良いお味に仕上がっているわよ』

(相変わらずの上から目線あれ?

 

 

母と葛藤のあった数年前は

母の日や誕生日に長い時間かけて選んだプレゼントなども

次に実家に行くと押し入れの隅に丸めて放り込んであったりと

悲しくなることの繰り返しだった

 

プレゼントを覚えていてくれないという私側の勝手な気持ち、

好意のおしつけというのだろうか

その気持ちばかりで母の心情にまで心を寄せられなかった。

 

 

母にしてみたら、病で色んな事を瞬時に忘れてしまう為

《自分の知らない洋服が置いてある、誰か侵入しているのか?だれが持ち込んだのか?》

の不安で一杯になり押し入れの奥に隠したのだろう

 

時が流れ、

 

今はプレゼントしたものも

美味しいと言ってくれた持参の食べ物も

その瞬間に母が喜んでくれたらもうそれで万事良し!

と思っている

 

洋服もタンスにしまえばもう忘れてしまっているし

食べ物も数時間経てば何を食べたかも忘れてしまうだろう

 

 

それでも目の前にいる母の嬉しそうな姿を見るのは

心がなごむ

 

 

私もすこしは成長したみたいだ

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

訪問者

カウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM