心ここにあらず

  • 2017.02.27 Monday
  • 19:22

 

 

 

金曜日以来、心がざわざわとした日が続いていた。

 

小太郎のデキモノの細胞検査結果により、

異型リンパ球が沢山発見されたという。

 

報告書には

 

【リンパ腫が疑われます】

 

の文字が…

 

最悪の場合、リンパ腫、悪性、抗がん剤が効かないと。

 

その瞬間からなにも聞こえず、見えず…心ここにあらず。

きちんとしたことは切除して病理に出さないとわからないらしい。

 

最速で27日午前中に手術予約をした。

私の胃カメラ検査も27日午前中に入っている。

(1月後半から調子が悪く検査となった)

 

麻酔に耐えられるよう、毎食手作りご飯をフードにどっさりと混ぜる。

 

小太郎に気を取られていたせいか、

夕べ気がつくとカーヤの尻尾つけ根の裏側が赤く腫れていた。

(ガシガシと舐めていたし…)

 

おっさんに病院へ連れて行って貰い塗り薬を頂く。

 

舐めないようにエリザベスカラー装着のカーヤ

 

早速にかさんが薬の匂いチェック

 

 

こうして今朝を迎え、絶食のコタと私にならって他の皆も絶食。

 

ボクなんでご飯貰えないの?(空腹の為か?フェンフェン泣いていた)

 

我々が出掛けた後食べて貰うことにした。

 

病院へ連れて行くと

「ん?これ?小さくなっているし…麻酔かけて…ってかけ損になるかも?最初はもっと大きかった?」

 

と聞かれ、発見時の画像を見せる。

確かに発見時はタコの吸盤みたいだった。

 

「うーん、これ、もう数日様子見してみよう!」

ということに。

 

丁度そこに湯○先生も現れ、今日の手術はなしと言うことになった。

 

慌てておっさんに電話し、コタのご飯も準備して貰い、

一旦家に帰宅してコタを置いて今度は私の検査に走った。

 

 

予約時間を30分も早い段階で呼ばれ

2オエ位の後にカメラが喉を通過。

 

涙も鼻も出ず、ゴボゴボとカメラが体内を蠢き

涎と共に検査終了。

 

コタの状態はまだ完全に安堵出来るワケではないけれど

取り敢えず少しだけ、ほんの少しだけ心を取り戻せた。

 

 

プレイアムフライデーに傷心の中で買ったプレミアムなデザート

 

 

《ぶたさん いちごムースケーキ》

 

にかさんは遙か後方から眺めている

 

わぁい!(にかさん)

 

今日はみんな頑張ったからこれをいただきましょう!

(頑張ったのはカメラ飲んだ私だけか?)

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

訪問者

カウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM