落ち込みました

  • 2020.06.01 Monday
  • 16:15

 

 

 

一昨日(5/30)、朝からカーヤの体調が下降気味

 

 

 

ボクです(回復後の6/1)

 

 

離れていてもぎゅるぎゅるとお腹が鳴っているのが聞こえる

 

ヨガの背伸ばしのポーズのような格好をし

もちろんご飯は食べたがらず…

 

ぐったりとしているので10時に抱えて病院へ走る

 

注射をして頂き帰宅

 

1時間しないうちに今度は嘔吐

何度もおえっおえっ!🤮🤮とえずくものの

朝からなにも食べていないので泡しか出てこない😭

 

病院に電話して、午後もう一度行くと伝える

 

 

思えばにかちゃんが亡くなってから

自分からドライフードのふやかしなどを食べるようになったカーヤ

 

「まるでにかちゃんがのりうつったみたいに食べるようになったね」

 

とびっくりしていた

 

体重もそれなりに増えて少し安心していた矢先…

 

にかちゃんの初めての月命日の日(5/27)を境に

ドライフードを食べなくなった

 

憑き物が落ちたのか?

 

午後、再び病院で点滴、吐き気止めの注射をして頂き

帰宅後はぐったりと寝ていた

 

昨日もその疲れを引きずっていたのか

カーヤは1日寝ていることが多く

これがやっぱり限界なのか…とかなり落ち込んだ

 

落ち込んで、気持ちが沈み込み

 

「もう治療も無理強いをすべきではないのか、

諦めるという気持ちと折り合いをつける時が来たのか」

 

となんとも言えない気持ちになってふと傍らを見ると

 

 

ご存じコタちん

 

こんな無防備な子を発見し

 

気持ちが少しだけふっと和みました

 

 

今日は一転、自分からフードは食べないものの

 

 

今日はご機嫌かも〜

 

朝からキリッと起きて、家中をうろうろと探索し回り

少し元気が戻ったようです

 

ワンコが元気だと、わたしも穏やかに過ごせる

 

かーちゃん、心配すんな!

 

毎晩、にかちゃんが逝った時刻に必ず目覚める

 

にかちゃん、お願いだからまだカーヤを連れていかないでくださいっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
おはようございます。
ママさんのお気持ち、とてもよくわかります。
私も先代の子が晩年に具合が悪くなるたびになんとも言えない不安な気持ちになり、落ち込んでしまうことが度々でした。
かかりつけの病院の診断が納得いかなくて、家から車で1時間近い大きな評判の良い病院に変えたことがありました。
何時間も待って診てもらいましたが、私もその子も疲れ果てて帰宅。
私のエゴではないのか?
とても苦しかったです。
何が正解でどれが間違いかなど答えは出ませんよね。
頑張ってくれているカーヤちゃん。
富士山の見える街からニコと大きな元気玉を送ります!!

コタちゃんのあどけなく無防備な姿に癒されてください。
気の利いたこと、言えずにごめんなさい。
  • ニコママ
  • 2020/06/02 8:46 AM
>ニコちゃんのママさま

富士の見える街からのニコちゃんとの元気玉ありがとうございます。

1日1日、身体の状態が変化し、それと共にあたふたしていますが
今日はまずまずの日。

無理強いしなくても食べる事に少しでも興味を示してくれて
軽快にスキップしながら家の中をウロウロと探索してくれると
私の気持ちもふんわりと軽くなります。

コタもすでにシニアの領域ですが

「13才半ってまだこんなに元気なんだ」

と改めて実感しています。
  • カヤニカまま
  • 2020/06/03 4:10 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

訪問者

カウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM