うまい具合に

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 20:41

 

 

 

タイミング良くザーザーの本降りにならないうちに

カヤニカコタの爪切り&肛門腺終わりました。

 

午後はシャンプー。

気温は低いものの、風呂場での3匹シャンプー

その後のドライヤーと風呂場の掃除で

又々ヘロヘロになりました。

 

とっても良い香りのカヤニカコタ

 

画像はうまく撮れず

 

はらぺこあおむしを見せても

 

なんすか?

 

ちょ…やめてってば〜

 

 

完全に無視されています。

 

 

にかさんかわいいなぁ

 

 

今日はインスタマグの練習

 

 

あれこれやってみるも

 

 

今ひとつわかりません?

 

 

うーんとほほ?

 

 

甥っ子ちゃんと姪っ子ちゃんの子供たち

爪切りに

  • 2017.07.11 Tuesday
  • 18:47

 

 

 

恒例の爪切り&肛門腺処理予約の問い合わせをしたら

この時期はサマーカットのお客さん達がわんさかなので

午前中は今日しかあいていないらしい。

 

猛暑の予報が出ていましたが

カートに3匹入れて出かけました。

 

すっきりさっぱり?

帰宅後はお約束のシャンプー。

私が汗みどろになりました。

 

お外だと何でこんなに可愛く撮れるのか?

 

 

 

水戸黄門っぽいカーヤが助さん格さんを従えて…

うちでの表情と違いますね。

 

安定のハンサムさん

 

はにかみなにかさん

 

 

借りてきた猫状態の小学一年生的なコタ

 

ル・リアンさんのお話では

集合写真はいつもカーヤが真ん中の立ち位置だそうで…

3匹の中で何か取り決めがあるのだろうか?あれ?

 

今日は色が残念なお弁当

 

 

豚ロースと花ニラの炒め物、

きざみ海苔入りの卵焼き

ベーコンとレンコンの黒胡椒炒め

下の白いものは長芋とエリンギの塩昆布炒め

炒め物ばっかりだ

 

お、怪しい影が…

 

 

お願いモードで見つめられ

 

覗き込んでチェックし、

 

お〜!!

 

 

…って感じかな?

 

 

 

 

 

さっぱりすっきり

  • 2017.06.26 Monday
  • 19:50

 

 

 

汗だくで作ったブフ・ブルギニョン、

最初に煮込んだ野菜をすべて食べ尽くしてしまったので

昨日は、丁度蒸してあったコーンを入れて再加熱。

 

綺麗に完食しました。

 

画像はちょっとアレですが、味は太鼓判です

 

さて、コタちんの抜糸から早1週間

そろそろいいですかい?

 

朝から3ワンコをシャンプーしました。

前回のシャンプーからかなり経っているし、

コタは合間に手術〜お漏らし王子〜という時期もあり、

最近ではかなりワイルドだぜ〜(ふるっ!)なかほりが…

 

今日はすっきりさっぱり

 

とっても良い香りが漂っています。

 

男前〜!!

 

と思うのは私だけ?

 

やっぱりここ一番でキメるカーヤ(中央)

 

にかさん…寝ちゃっているし

 

まま、起きてくだちゃい!

ついに!!

  • 2017.06.19 Monday
  • 16:49

 

 

 

早朝の6時半過ぎに家を出発、

母のホームへ向かいました。

 

 

丁度良いタイミングで到着、朝食中でしたよ。

 

綺麗にぺろりと平らげている!

 

『私はね、食事は絶対に残さないの!これは自分のお勤めだと思ってね』

 

ん??

残さず食べることがお勤めなのね。

ほぉ〜あ

 

 

サロンで話した後、母の居室へ。

持参した小さなお菓子を渡すと

 

『あら〜、こんなに大きいのいっぺんには食べられないわ。4〜5回に分けて食べるわね』

 

と言っていた母。

 

私がトイレに行って戻ると完食していました。

はははっうひひ

 

昼には新宿まで戻り自宅用の固定電話を購入、

その後は自宅最寄りの銀行で諸手続。

 

お昼はこちらの豪華海鮮丼

 

 

食後はババッと帰宅し、小太郎の抜糸が出来るかも?とのことで病院へ連れて行く。

 

一つ二つ糸を鋏で切って様子を見て、

大丈夫ということですべて取りました。

 

 

良かったね。

 

手術直後の傷口は

周囲が真っ赤になっていて直視するのも可哀想だった。

だから画像もなし。

 

昨日、抜糸前の記念にちょっと撮しましたが…

 

はずかちぃ

 

モロだしで…良いのかしら?

そうだ!

モザイクかけちゃおう。

 

糸が見えます

 

なに撮してるのぉ?なコタちん

 

 

そして、こちらが抜糸後です。

 

 

コタちん頑張ったね〜!!

 

やだってば!やめてってば!

少しずつ

  • 2017.06.12 Monday
  • 19:57

 

 

 

ほんの少しずつ、回復の兆しが見えてきました。

 

頑張れ!コタちん

 

水分補給にスープを飲ませたら…

 

あちゃー、

間に合わなくてお漏らししちゃったけれど…

 

後ろ足だけハウスに

 

午後になったら自分からトイレに行って

一生懸命《右足あげいっ!》と

以前のように右足をすこーしだけあげるポーズ。

まだ勢いよく出ないものの少しずつ取り戻した?

 

 

夕方になってそろそろやっても良い頃なのになぁ

と思い、トイレトレーに乗せる。

 

やらないもんっ!

やって!

 

やだもん!

お願いだから!!

 

を15分位続け、私とコタの意地の張り合い。

 

根負けして

 

「いーよ、じゃぁ夕刊取ってくるから好きにして良いよ!」

 

と放置。

 

夕刊を手に戻ってきたら、

トイレトレーにちっちしてありました。

 

偉いね〜うんうん

出来る子だねぇ好き

誉め殺してご褒美。

 

今夜は寝られるかな?

 

手術の前日(6日)に爪切り&肛門腺でサロンに行き

可愛い画像を頂きました。

 

キメキメなハンサムさんのカーヤ

 

おちゃめなにかさん

 

 

ピカピカの一年生っぽいコタ

 

アセアセなその後…

  • 2017.06.11 Sunday
  • 16:07

 

 

 

この数日間の闘いをまとめて…

 

手術後の夜〜8日の朝まではトイレでちっちが出来たコタ。

 

ところが…8日の午前中から思わぬ尿漏れが始まった。

膀胱に尿が貯まっている感覚が手術によって失われたのか?

 

頻尿に近い位の間隔で歩いている途中に漏らす。

最初は全く気づかなかった。

 

にかさんが、粗相したときに見せる仕草、

トイレトレーに縮こまって目をパシパシさせる…ので

 

『あれ?にかちゃんどこかにお漏らしした?』

と思い込み、犯犬はにかさんだと思っていた。

 

にかとしては

『まま、コタちんがお漏らししてます…』と私にシグナルを送っていたのだ。

 

ジョイントマット上のちっちのシミを何度も洗って干している時に

偶然コタが歩きながらお漏らししているのを目撃。

 

ぎゃ〜!!

 

それは、本犬の意志に反して出てしまう…という具合だった。

9日、朝イチで病院に走り膀胱エコーで見ていただく。

まだ微熱はあるものの、順調に回復しているらしい。

 

膀胱結石の術後の尿漏れはままあることで、時間の経過と共に元に戻ると言われて帰宅。

8日、9日、10日の3日間はトイレトレーニングと称して

一定時間毎にトイレにうながす。

 

膀胱に感覚が戻っていないのか?

トイレトレーに乗せても出ないし、

頻繁なこの行為がコタにとってはストレスになり始める。

 

食欲は旺盛で、9日頃からは痛みもなくなった様子。

 

 

私のトーストに…こんな熱視線

 

へへへ、貰っちゃった!

 

夜は私が抱っこして寝て、夜中に数回トイレにうながす。

エリザベスカラーは食事、トイレトレーニング時以外は装着、

このこともコタにとっては更なるストレスに。

 

コタは元より、私も寝不足でふらふら。

 

昨日はおっさんに見てもらっている間に買い出しに行き

休む間もなく料理、片付け、洗濯に明け暮れ、

買い物で走っている間に軽い熱中症になっていたらしく

頭痛、吐き気で体調が下降気味。

 

 

買い物の合間に見た紫の紫陽花

 

 

ダイニングに再びサークルを設置し、

 

 

いつも使用しているコルクマットはすべて洗って干し、

サークル内の床にはもしもの場合にと大小のトイレシートを敷き詰める。

 

上から見た団子状態

 

今の目標は:

結石が出来にくい様にするために水分を沢山摂取して膀胱を綺麗にすること

一日も早くトイレ問題が解決することを切に願って…

 

自分が膀胱を切られたりしたら…

やっぱり術後は辛いだろうねー

と自分に置き換えて考えている。

 

 

 

眠れぬ夜

  • 2017.06.08 Thursday
  • 15:54

 

 

 

夕べは熱と痛みの辛さで殆ど寝られないコタ

 

 

そのコタを抱えながら心配でまんじりも出来ないワタシ

そんな我々の所に夜中こっそりとやって来たカーヤ

二匹と一人、眠れぬ夜を過ごしました。

 

どのポジションなら患部への負担が少ないのかコタはあれこれ探り、

コタに負けじと良いポジション狙いのカーヤ、

それでも折り合いをつけカーヤはコタにはガウとは言わない。

(にかさんにはガウる)

どこかでコタの辛さを理解したのかも知れない。

(コタのふにゃふにゃは犬語で痛い…と訴えているのかも?)

 

 

昨日家に戻ってからは水も飲まずご飯も食べず

未だかつてこんな事はなかったので本当に心配になった。

夜中に何度かトイレに起き、

その度に水を飲ませようとするが拒否。

 

 

午前2時過ぎにハァハァ言い出すので

手のひらでお水をあげたらようやく飲んだ。

 

3時半過ぎ、横になっていても仕方ないと起きだし、

お弁当の支度開始。

 

今日はシラスワカメご飯に焼き鮭。

 

 

おかずに味卵、きんぴら、

ししとう焼き、揚げ茄子の甘酢あん

夜用にしらすご飯でおにぎり

 

 

夕べは食べ物に一切興味を示さなかったのに、

今朝はお弁当眺めにきました。

 

 

良い徴候かしら?

 

 

 

この後36時間振りにがつがつとご飯を食べました。

 

右がコタちん、左にかさん

 

食べたい!…ってとても大事なことですね。

 

もぐもぐ

 

痛いのだろうけれど、少し安心しました。

 

膀胱結石

  • 2017.06.07 Wednesday
  • 19:26

 

 

 

先月末のレントゲンでコタの膀胱内に1センチ位の石が見つかり

手術することに。

 

いよいよその日が来てしまった。

 

お腹も切るし、膀胱も切る…

歯石取りや去勢手術などよりは辛いことになるのだろう。

 

朝からコタに習って絶食のカヤニカ&わたし。

体力温存でおもちゃ遊びもなし。

 

お弁当を作っている最中覗きにやって来たが

可哀想なので見せないように…

なんで?

 

見せて!

 

お弁当は

そぼろ弁当、

 

 

おかずに水菜のごま和え、スパゲティ、

イチ押しはそら豆と卵のサラダ

お吸い物もつけました。

 

 

おにぎりは夜用です。

 

9時半過ぎに病院へ預けて、15時にお迎え。

 

麻酔後はいつも低血糖になるので、

手術は早く終わったけれどその後2時間くらい点滴。

お迎えに行くとケージの中でふにゃふにゃ言っていました。

 

『元気ですよ〜、点滴コードガジガジしていたし。しばらくは頻尿、血尿が続くかもしれない』

と。

 

病院では強いコタちんを演じていたけれど

家に戻ればすっかり甘えん坊の甘太郎になり、私の後をついて歩く。

 

涙目

 

おまけに痛くて辛いのだろう、涙目でふぇんふぇん泣いている。ショック

 

 

可哀想になぁ。泣く

替われるものなら替わってあげたい。

(膀胱切られるのは怖いが…)

 

ふぇーん

 

シニアドック

  • 2017.05.29 Monday
  • 17:29

 

 

 

朝からいくつか宅急便が届きました。

 

待望のこれ、

 

 

今年は小玉スイカも入っています。

 

チェック(やらせです)

 

これが正しいチェックの仕方

 

ほほぉ

 

カーヤも興味津々ですが

 

 

匂いがしないので…撤収

 

コタちんはしばらく眺めていました

 

待ち望んだこれも届きました。

 

ワンコを抱っこするエプロン モデル:情けな顔のコタ

 

あれこれやっているうちに午前中が過ぎ、

2時過ぎにカヤニカコタを連れて病院へ。

 

カヤニカさんにとっては久々の詳しい血液検査。

3頭ともシニアの領域なので、予防も兼ねて現在の健康チェックをお願いしました。

 

コタちんに至っては昨日3度目の血尿とあって

膀胱エコーもプラス。

エコーで見るとなにやら影が

と言うことでレントゲンも撮ることになりました。

 

膀胱内にはこの身体にしては大きな、1センチくらいの結石がありました。

 

手術でとるしかない大きさだそうです。

ひぃ〜。

 

『でも、ある意味、デキモノとかじゃなく石で良かったってことですよね』

 

と自分を納得させる。

 

カーヤとコタの血液検査の結果はピカピカ。

特に最年長のカーヤ、ご立派。

 

カーヤ

 

にかさんは腎機能に関する項目3つの数値がちょっと高いので

新たに外注で詳しい検査に出して貰った。

 

帰宅後とっとと犬たんぽへ

 

何かあったらそれを追求して、と言うのが今回の健診の趣旨なので、

詳しい検査次第でどう対処したら良いかを考えていこうと。

 

そして、コタちんの結石手術の日取りも決めた。

石を取るだけでなく摘出した石もその後検査に回し

成分を調べて貰うことになった。

 

来週まで、麻酔に耐えられるようにがっつりと栄養を取らなくちゃね。

 

 

血液検査だけでなく

エコーやレントゲンまでやる羽目になり

帰宅後放心状態のコタ(左)

 

 

血尿

  • 2017.05.28 Sunday
  • 11:33

 

 

 

 

朝から元気よくおもちゃ遊びに励む小太郎。

 

咥えて走り、またカミカミ

 

それを繰り返し、朝食前の体重測定。

なぜだかわからないけれど、

体重測定の前に沢山出るはずないのにいつもちっちするコタ。

 

ちょっとでも体重減らしたい?

 

うっ!

少量ながらあざやかな鮮血!!

血尿でした。

 

ボクなんかしましたか?

 

これが三度目。

最初は3月末の旅行から戻った日。

ストレスかな?

軽く考えてスープや水分をたっぷりあげてやり過ごした。

 

2回目は5月頭に母のホームを訪問し、帰宅した直後。

 

この時も、ホーム滞在時にカート内で動く度にカーヤに怒られて、

びくびくしてストレスが溜まったのだろうと思い込み、

病院に行って薬で対処するのを躊躇してしまい、

スープをジャンジャン飲ませてじゃかじゃか出させてスルーした。

 

昨日、天敵のおっさんは金曜から留守なのでストレスは溜まるはずがないし、

膀胱炎かな?と嫌な予感がして、

次のチャンスで採尿(もう血尿には見えない)、病院に検査の為走りました。

悪い細胞はないけれど、普通に見える尿にはやはり血尿の痕跡が。

 

明日は3匹の健康診断をお願いしているので

小太郎だけ膀胱エコーを追加で実施することになった。

 

一人で行くのは嫌ですっ!

 

元気そうなのになぁ

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

訪問者

カウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM